大阪府堺市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

大阪府堺市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 13時04分

引越しをすることが決まった場合、学校に通う子供がいれば転校の手続きが必要となりますよね。転校手続きというのが、いろいろ行かなければならないうえ、必要書類も煩雑で困惑することも多々あると思います。急遽決まった転居だったりすると、新しい新居の住所が決まっていないケースもあると思いますが、ポイントをおさておけばスムーズに手続きを進める事が可能です。このページでは、子どもを実際に転校させたサイト管理人が、順番に手続きに関する注意点をまとめていきます。小学校の転校手続きQ&Aわけあって、転校先の住所がまだ決められません。小学校の転校手続きは進めていいのでしょうか。A.転校とは仕方なくする場合もありますので、特別に認められるパターンもあります。例としては、家庭での暴力やストーカー被害にあって転居したいが、まだ確定した住所は決定できない場合です。特例が考慮されているため、すぐに相談に行ってください。そして、特認校という小規模学校もあります。遠くの家から通ってもいい運営体制になっています。Q.転校の手続きをする際、学校・市役所・教育委員会に子供も連れていくほうがいいのですか?前の学校には保護者だけでやり取りをして、関係書類の対応を済ませましょう。いつ頃、転校するかを児童たちに言うかなど、担任と打ち合わせが必要なので、逆に子供がいると話しづらいこともあります。新しい学校は逆に子どもも先生も、双方どんな人か気になりますので、一緒にいきましょう。ただなにか相談などがあれば担任と相談をして、別の席を設けましょう。Q.公立小学校→私立に、は転校できる?A.可能ですが、多くの私立の方が勉強の進捗状況が事が多いです。引っ越し後にキチンとした現状把握は必要になります。急な事情があると仕方がありませんが、特に市外区外への転校だと、転校の手続きには数日程度日数を要するのが一般的です。そして両親とも働いているケースだと、役所や小学校への書類提出などが仕事のある日にするのが難しく、「続きはまた次の休みに」なんてなることもあり、思うように進まない事あるようです。引っ越し日の一週間前には転出届を提出し、引越しを終えたら14日以内に転入届、同時に学校の手続きもやってしまわないといけないのです。必要な道具をチェックして買ったり、時間はどれだけあっても足りない!となりがちですので、できることならば、なるべく小学校の夏や冬の長期休みにするのが一番と言えますね。夏や春、冬の長期休暇中にゆっくり焦らず手続きをしながらお子さんの様子をよくチェックし、ケア・フォローしていく事が大切ですよ。